いろんなものはつながっている

今週の気になったニュース 2015/02/01-

Portable Lap Desk Installation No.1: A desk and more
これはいい。ほしい。ソファーにすわって作業するときになんかこれがあるといいと思うけどどうかな。この製品はkickstarterで出資を募っていて目標額は50万円ほど。kickstarterって自分で具体的にサイトみたことなかった。今回初めて見た。何か自分も出資してみようかな。このサイトのkickstarterの説明がわかりやすかった。
portable

橋崩落、市職員2人死亡 浜松・天竜区で落石調査中
日本全国でこれからこういった事故はおきるのではないか。高度経済成長期にいっぱいつくってしまったインフラを維持していくのには補修が必要だ。だけどそれだけの予算を十分にもっている自治体ははたしてどれだけあるのやら。インフラを壊すのだって費用はかかる。これから山奥を車ではしったりするのは怖いな。

Obama Announces $215 Million Precision-Medicine Genetic Plan
オバマ大統領が100万人以上の遺伝子情報を収集し、病気の遺伝子発見や新薬に開発に役立てる計画を発表した。予算は200億円ほど。小さくはないがそれほど大きな予算ではない気がする。とはいえこういった倫理的かつプライバシーの問題を含むトピックについては政府がイニシアティブをとってやるべきだろう。
この前、遺伝子解析の機器を開発している大学時代の友人にあって遺伝子配列を読む方法や解析の仕組みを教えてもらった。シロウトの単なる印象だけど、とても創意工夫をしてやっている状態なのでこれからもまだまだブレークスルーがあるのではと感じた。

Windows 10 Coming to Raspberry Pi 2
Raspberry Pi 2にWindows 10が無償提供されることが決定したというニュース。やりたいと思っていたkinect開発をRaspberry Pi2 + Windows10でできるのか気になるところ。Kinect V2 SDKはWindows10での動作確認はしていないしたがってサポートしていないといっている。ただ、Windows10が正式にリリースされたのちWindows10をサポートしたSDKのアップデートが行われるような雰囲気だ。Raspberry Pi2向けのWindows10配布は2015年の後半になるということ。待ち遠しい。

US tech firms ask China to postpone ‘intrusive’ rules
中国でソフトウェアを販売するならソースコードを提出しろと中国政府はいっている。当初、対象は銀行に納入するソフトウェアだけだったがその対象が広がる勢いだと。銀行や官公庁に入れるソフトウェアがブラックボックスだと何をされているかわからんから、ということだろう。逆のことを考えると中国企業はやってるんだろうな。だから立場が逆の場合にすごくこだわるのだろう。セキュリティ上こういう主張は一理かあるけどソフトウェアベンダーからすると受け入れられない。例えばマイクロソフトがワードを中国で販売しようとしたら、ワードのソースコード全部だせということでしょ。それは無理だ。でも、受託開発ならソースコード提出は日本でも特別なことではないよね。

Milk Nanny Automatically Makes A Refreshing Bottle Of Formula For Baby
前々からコーヒーを入れるみたいにワンタッチで赤ちゃんのミルクをつくる機械がなぜないのか不思議に思っていた。衛生的な問題?そんなこといったらベビーフードなんて販売店でどんな管理されているかわからないんだからメーカーとしてはすごいリスク負ってるとおもうけどな。母乳がでるお母さんはいいけど、ミルクで育ててるお母さんは夜中に赤ちゃんが泣き出したら起きてミルクをつくっているはず。こういった苦労が少しでも和らげばいいなと思う。

Netflix 今秋日本進出
何か新しいことが始まりそうだが、実はすでにあるHuluと変わらないのかもしれない。自主制作コンテンツをうりにすると思うが、数をそろえるために既存の映画、ドラマ、アニメが大半をしめるだろうから、Huluとそれほどかわらないだろう。ストリーミングサービスがはじまったというより、新しいプロダクションがきたとおもったほうがいいだろう。なにか新しいことをしてくれるのを期待しよう。さて、ツタヤはどうするのかな。メディアレンタルに固執していくのかな。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサード リンク

カテゴリー

スポンサード リンク