いろんなものはつながっている

たまに試験をうけるのはいい

試験を会社でうけた。スキルテスト。いやおなしに集中する。

高校までは時間をはかってなにかをすることがおおかった。社会人になると、やらないもいけないけど、時間をはかって何かを時間内におわらせるということがとたんになくなった。集中して考えているようで実はたいして考えてないってことがよくある。

スピード感がおちている

どんな人でも、歳とともに集中できる時間は短くなる。このまえ、テレビで倉本聰が昔は一日中書いてられたが今は3時間ぐらいが限度といってた。

以前、1分間で考えていることをA4に書き出すというゼロ秒思考のトレーニングを2ヶ月ぐらいやっていた時期がある。このトレーニングはとてもよい。うーん、うーんと考えているようで実はあまり考えは進んでいなくて、そんなものは1分ぐらいではきだせてしまえる量であることが多い。ただ、その1分をくりかえすことに効果がある。何度も繰り返すことでアイデアが収斂していくし、今までばらばらであった何かがふとつながる瞬間を生み出すことができるのだろう。

ひらめいた、はない

突然なにか視界がばっとひらけるようにひらめくというのは、その考えにいたるまでの過程をうまく言葉にできないだけで、その考えには道筋は必ずあり、決して不連続ではないと思う。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサード リンク

カテゴリー

スポンサード リンク