いろんなものはつながっている

同姓同名あての間違いメール

グループ会社に同姓同名(漢字も同じ)の人がいてちょくちょく自分宛に関係のないメールが届く。

一番最初はなにか意見交換のためのグループ討論の案内で、知らない人からのメールだなと思ったけど、職場横断でやるのかなと勝手に思ってた。

たまたま出張で都合がつかなかったので欠席のメールをして参加しなかったが、もし参加してたら、わざわざ出かけていって、あなた誰ですかという話になっていただろう。

しばらくしてまた、自分とは関係のないメールが届いた。内容からすると営業報告のようで、メールにある肩書きから社内のひとだと思っていたら聞いたことない会社名が書いてあった。調べてみると実際にあった。

社内の名簿で調べてみると同姓同名のひとがいてその人の所属がその会社となっている。同じグループといっても会社名はみないろいろだから、名前をみてもグループ会社とわかった。

その会社のひとがOutlookの名簿で検索して間違えて同姓同名の自分を選んでメールを送ってきたのだろう。

ここまではたまにある話だと思う。が、なんど違いますといっても間違いメールがくる。同じ人からの場合もあるが、都度違うひとから届く。メールの使い回しをしてるんだろう。知ったところでなにもないが、今月も、その会社のその部署の営業成績が自分のところに届いた。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサード リンク

カテゴリー

スポンサード リンク