いろんなものはつながっている

いまさらだけどビットコインの解説を読んでみた

アップルストアいまさらだけど、誰も教えてくれないけれど、これを読めば分かるビットコインの仕組みと可能性を読んでみた。すごくわかりやすかった。こんな資料を無料で公開してくれるなんてなんと太っ腹なんだろう。

自分なりの理解

ビットコインは別に魔法のツールでもなく、国家の信用を背景に流通している通貨で起こっていることはほとんど起きる。価値があがったさがったり、為替レートがあったり、投機の対象にだってなる。秘密鍵が盗まれれば盗難だってある。ただひとつ違うのが、国家や銀行が資産を封鎖することがないということ。

日本ですごして、国家や銀行が資産を封鎖する状態とは想像しにくい。でも、日本にいても、歴史や世界の経済を肌感覚でわかっている人、特に資産をもっている人は、資産が封鎖されるということをリアルに想像しているのではないか。だからビットコインの仕組みに魅力を感じるのではないか。ましてや、中国のように政府が問答無用でルールを決めてしまったり、偽の銀行が堂々と営業できてしまっている国の人間にとっては、国に干渉されない資産の持ち方はすごく魅力的なはずだ。

秘密鍵が解かれてしまったら終了

ただ、ビットコインも公開鍵の方法を使っているあら、量子コンピュータが部分的にでもできて公開鍵から秘密鍵をもとめることができてしまったらどうなるんだろうかと考えてしまう。まあ、そんなことができてしまったらそもそも今の世の中の仕組みそのものがひっくりかえってしまうから考えても意味ないか。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサード リンク

カテゴリー

スポンサード リンク