いろんなものはつながっている

Kindle版が紙の本を単にスキャンしたものではないと、見抜く方法はないのか?

kindleだまされたまた、だまされた。

前々から買おうと思ってた「C++のためのAPIデザイン」のKindle版を買ってみたら単に紙の本をスキャンしただけのしろものだった。最悪である。

まず、データサイズが大きので(あたりまえだ)、Wifi環境でしかダウンロードできないし容量もくう。Kindle版のメリットである本文のハイライトやメモできない。それに何よりも、大型本をたんにスキャンしただけだから、Kindleでは文字が小さくてよめやしない。本の機能すらみたさない。もう、詐欺に近いとおもう。がんばって最初の10ページほどよんだが目がとてつもなくいたくなったからやめた。

数式やコードの書かれた技術本をKindleにしたときのレイアウトってどうしてるんだろうと興味があったのに単にスキャンしただけだったとは。

本を扱うプロである出版社がまさかスキャンするだけということはしないだろうという信用してたがが、そうではないようだ。もう、しばらくKindle版を買うのはやめよう。Amazonは既存の大型本をKindle版にする手引きやツールを出版社に提供してくれないかな。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサード リンク

カテゴリー

スポンサード リンク