いろんなものはつながっている

スマフォゲームはアヘンか?

最近、小学生ぐらいの子に接する機会がちょこちょこあったのだが、とにかくずーっとゲームをやっている子の多さに驚く。親もなにもいわない。確かに黙っていてくれていたほうが楽だからね。この様子をみているとアヘン中毒者が蔓延し国が弱体化した清国みたいになりやしないかと、不安になってくる。

どこかの国が中毒性の高いスマフォゲームをつくり、ターゲットの国で無料で配って国民をゲーム中毒にして、国をのっとるなんて話がでてきたらおもしろいな、なんてことも思った。

ただ、スマフォゲームが悪だとか役にたたないとは思わない。それどころかスマフォゲームは技術育成の柱になると思ってる。

スマフォゲーム製作には高い技術が必要だから、スマフォゲームがはやることでスキルの高い技術者が増える。優秀な技術者の層が厚くなることでさらに新しい技術がうまれるという正のスパイラルが生み出されるきっかけになる。

自分はどうもゲームの類は苦手なんだが、大学時代を振り返ってみると、優秀な人ってけっこうゲームが好きな人が多かった。特にソフトウエア関係者になるとできる人のほとんどがゲーム好きだった。ゲームにあまり興味がもてない自分はソフトウエアや理論のセンスがあまりないんだろうな。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサード リンク

カテゴリー

スポンサード リンク