いろんなものはつながっている

スタバで無線LANにつないでみた

夏休みだったかな、スタバに行った際、無線LANサービスの案内をもらった。入ろうかなと思っただけで、すっかりその存在を忘れていたところ、たまたまセキュリティがヤバいと噂のスターバックスのフリー無線LANはやっぱり危険な香りというエントリーをみつけた。

ちょっと調べてみると、同じようなことを指摘している人がやはりたくさんいた。スタバの無線LANは、認証のためのユーザ名とパスワードは暗号化するけど通信は暗号化しないよというものらしい。

遅ればせながら自分も試したみた。

まず、スタバに入ってiPhoneを開いてみるとSSIDがat_STARBACKS_Wi2のアクセスポイントが表示される。

starbucks0

at_STARBACKS_Wi2を選択するとこの時点でクラスAのプライベートIPアドレスがわりふられる。

starbucks5

Fingで確認するとこの時点で同じルータに接続している人の情報がみれてしまう

starbucks3

しばらくすると自動でログイン画面がでてくる。

starbucks1
※これをキャンセルしてもブラウザからどこかにアクセスしようとするとログインのサイトにフォワードされる。

ログインすると無線LANが使えるようになる。

アクセスポイントへの接続から認証までの流れはこんな感じなのかな。

starbucks6

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサード リンク

カテゴリー

スポンサード リンク