いろんなものはつながっている

自動手荷物預け機はとても期待できる

jidounimotsuはじめて自動手荷物預け機を見たのはたしか8月。1コーナーが自動手荷物預け機になっていた。さっそく試しに使ってみた。スーツケースを預けるのなら、ほんとスピーディにできてしまい、これはいいと思った。(最初、タグをつけわすれて戻ってきてしまったけど)

11月はじめに羽田に行ったときも自動手荷物預け機を利用しようとしたがベビーカーには対応していなかった。しかたなくカウンターにならんだがこれが大混雑。自動手荷物預け機導入中のようで、手荷物預けのカウンターが2つぐらいに減っていて、自動手荷物預け機を使わないひとがどっと限られたカウンターに押し寄せていたためだ。

自分は自動手荷物預け機では預けることができないベビーカーを預けるためカウンターに並ぶ必要があったが、自動手荷物預け機でも可能な荷物の人もちらほら並んでおり、そういう人たちを自動手荷物預け機に誘導してもらえないかと思っていた。
(たまたまその日にのった便でアンケート記入依頼メールがきたのでその旨をリクエストした)

11月中旬に羽田にいったときには工事も終わったようで、自動手荷物預け機がずらっと並んでいた。

どこが作っているのかなと調べてみたら沖電気だった。

導入にあたって様々な議論や試験が行われたことが想像できる。顧客が不満におもっているのはどこか?→手荷物預けで並んでいる時間が長いの不満→カウンターを増やすか?→コスト高になる→機械化できないか?→機械化でほんとうに時間短縮になるか?逆に時間がかかるのではないか。等々。

あと、これでどんな特許を取得しているのか気になる。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサード リンク

カテゴリー

スポンサード リンク