いろんなものはつながっている

スマフォにアタッチしたセンサー

たまたま見た省エネ住宅の番組で窓の断熱効果の説明をしていて、窓枠と壁の間から熱がもれてないかのチェックを、スマフォにアタッチしたセンサーで行っているのをみた。

スマフォのプラットフォームにのっかるとユーザーインターフェイスを
短期間で作れて、即リリースできてしまうので、専用機材組み込みのインターフェイスは開発費やアップデートの点でかなわない、という話はよく言われている。そんな実例を見た。

デジカメもこの類いのデバイスだけど、スマフォにもカメラが付いている以上、機能がかぶってしまいインターフェースだけスマフォにしてもなんか中途半端なものになってしまう。でも、接写専用とか、何かに特化したカメラならアリだ。実際、いろいろでているし。

IoTがどう展開されているか盛んに議論されているけど、案外あたらしいプラットフォームではなく、今すでに確立されたスマフォのプラットフォームでこと足りてしまうものが多いなんてことになるかもしれない。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサード リンク

カテゴリー

スポンサード リンク