いろんなものはつながっている

学校の役割とは

資料をよんでたら、線形予測分析にぶち当たり、わからないので、ネットで検索してみたらこんなにわかりやすいサイトがでてきた。他にも参考になるサイトがいろいろある。

こんな良質な情報が簡単に手に入るなんて、ほんと、たいていのことはネットだけで勉強できるよね。

そうなると学校の存在意義はなんだろうとつい考えてしまう。もう、知識を与えてもらう場ではないよな。

知識ならネットでほとんどのことが得られてしまう。

インタラクティブに議論や質問する相手をネットで見つけるのも難しくない。

いま、学校の先生って、本当に大変だろうな。知識量でいったら、ネットにはかなわないし、自分の話した内容をネットで検証されてしまうし。

わかりにくい説明をだらだらしてようもんなら、ネットで勉強したほうがわかりやすいから自習の時間にしてくれ、となるんじゃないかな。

もしかしたら、学校に行かないのが落ちこぼれではなく、学校に行くのが落ちこぼれなんて、価値観が台頭してくるかもしれない。

ただ、知識を得るにしても、適切なタイミングで、適切なレベルのネタを提供してくれる人っては貴重で、先生というのは、そういう役割を期待されるのかもしれない。

もちろん、ネタの種類やタイミング、レベルは個々人によって異なる。それを見極めて、与えてあげる、そんな、人物がいるところだったら学生も楽しいのではないかな。

先生、タイヘンだ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサード リンク

カテゴリー

スポンサード リンク