いろんなものはつながっている

人間の強化版ではまだまだ。問題を事前に回避できるようになるのがAIの価値か。

aijireiワトソンが患者の病名を突き止め命を救ったというニュースをみた。

これは、単なる特異なケースなのか汎用的な成果なのかわからないが、いろいろコメントをみると、たまたまうまくいった特殊なケースというわけではなさそうだ。

この手のアルゴリズムがうまく働くになると人間はもうかなわない。

人間は何をやればいいのだろうか。AIはグーグルの検索サービスの強力版だと考えると過去とのアナロジーから今後どのような方向に進むか考えやすいかな。

今後AIにデータをたくさんデータをイプットすることによってある分野のエキスパートがバーチャルにできあがり、それが検索サービスのように無料で公開されていくだろう。

医療、訴訟、いままで専門知識や経験がないと解決できなかった類のものが、個々人で解決できるようになっていくだろう。

いや、そもそも、起こってしまった問題を解決する、では、今まで大きな違いはないか。今までは起こってしまっていた問題を事前に回避することができるようになって初めて世の中に大きなインパクトが与えられるのか。

病気にならないから医者がいらなくなる。諍いがおこらなくなるから弁護士がいらなくなるとか。

自分のライフログをインプットして、問題を事前に回避することがあたりまえになると、人々の考え方や生活様式もかわってくるのかな。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサード リンク

カテゴリー

スポンサード リンク