いろんなものはつながっている

何かを学ぶという姿勢

佐藤優氏の記事に教育に関することが書かれおり共感するところが多々あった。

いまは知識を得るのにお金はかからない

佐藤氏は受験サプリで十分といってる。

そのような話を方々で聞くので一度自分でやってみて確かめてみよう。

大学の授業もYouTubeで公開してくれてるのがあるけど、ものすごくわかりやすい。しかも、場所と時間を選ばず見れるわけだから、わざわざ朝早くから出席する必要もないしね。大きな講義室で授業を聞くスタイルはもうやめにしたらいいんじゃないか。

ただ、いくら環境が整っていても勉強する習慣がなければ全く意味がない。

子どもが自ら勉強する習慣を身につけるかは親の責任と佐藤氏はいっているが、具体的に親はどうしたらいいのか。そこは多くの親が悩むところだ。

親がみずから勉強する習慣がある人の場合、子どもが自分と似た子であればそれほど苦労ないだろう。でも、自分に似てない場合、自分と同じやり方を勧めてもうまくい。

もともとどうしても集中力をコンスタントに持続できない子はいる。そんな子に対して無理やりやらせても、これはもう、いいことない。悲惨な結果に終わるだけだ。

親がする最低限のことは、自分が楽しそうになにかに集中して作業をすることだと思う。

ラインでゲームをやる習慣なし

ゲームを通して何かの知識をつけるとかはわかる。でも、仮想の敵を倒すなりすることに時間を費やすのは、時間の無駄としか思えない。

ゲームって現代のアヘンにもなりうるとも感じている。

佐藤氏は、ゲームをやる習慣のない人たちのなかに身を置けば、自ずとゲームに時間を費やすことはなくなるといってる。確かにそりゃそうだ。

さらっと書いてあるけど、その環境を手にするには、お金で買うか、自分の知識で勝ち取るか、それに苦労するんだよね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサード リンク

カテゴリー

スポンサード リンク