いろんなものはつながっている

ネットワークスペシャリスト試験の勉強(2)

ネットワークスペシャリスト試験の過去問をみると冗長化に関する問題も多い。しかも冗長化のパターンも、レイヤ2の冗長化技術であるリングアグリゲーション、STP、レイヤ3の冗長化技術であるVRRPにおおよそ限られているように思われる(スタックやチーミングも出題はされている)。

リングアグリゲーション、STP,VRRPを一つの絵にしてみた。リングアグリゲーションは、L2SW間の障害やL3SWの障害が起こっても冗長化のおかげで通信が保たれる。

冗長化All

リングアグリゲーション

複数のポートを束ねて(複数のケーブルでつなぐ)1つの論理ポートとして扱う技術。冗長化された経路を平均的に使うために、送信元/送信先のMACアドレス、IP、ポート番号によって使う経路を決めることがある。

冗長化_リンクアグリゲーション

STP

ループを作り迂回路を形成する。複数のブリッジ間で情報を交換しあい、ループ発生の検出や障害発生時の迂回ルート決定を行う。スイッチ間はBPDU(Bridge Protocol Data Unit)で情報のやりとりし、各スイッチの生存や通信経路を確認している。BPDUのやりとりには時間がかかるため、例えば新たにPCを接続して新たな経路が発生しても直ちに通信が可能とはならない。

冗長化_STP

VRRP

同一のLANに接続された複数のルータを仮想的に1台のルータにみえるようにする。仮想ルータ用に仮想IPと仮想MACアドレスをもつ。L2レベルでは、バックアップL3SWにも要求が届くが応答はしない。

冗長化_VRRP

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサード リンク

カテゴリー

スポンサード リンク