いろんなものはつながっている

カーシェアリングはすぐには普及しない

カーシェアリングの実現には公道での自動運転の確立が必須だと考える。

その理由は、

・誰が車をもってきてくれるの?
 車が必要なとき、誰が車を届けてくれるのか。
 車を取りに行く必要があるのなら今のレンタカーとかわらない。
 さーいくぞー、どこかレジャーに行く時ならそれでもよいが、
 日々の買い物などの用途では、手間がかかりすぎる。

・使用したいときはみんな使用したい。
 集合住宅では敷地内に共用の車を何台か置いておくことができる。
 でも、車を使用したいときってだいたいみんな同じでは。
 使うには事前に予約が必要だったり、使い時にさっと使えないのであれば
 上述のレンタカーと大きくは変わらない。
 
いつでも必要なときに必要な場所に車が来てくれて、乗り捨てできるぐらいにならないとカーシェアリングよって人々の生活が快適になるとはいえない。

経済的に車を保有することができない、という後ろ向きの理由だけではカーシェアリングは普及しない。

そう考えると、カーシェアリングが普及するのはまだまだ先のことなんだじゃないかな。
 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサード リンク

カテゴリー

スポンサード リンク