いろんなものはつながっている

くだらないことを真剣にやる

テレビってもともとくだらないことを真剣にやっていたんじゃないかな。

最近、AmebaTVで、「~に勝てたら1000万円」といったような地上波ではおそらく見ることのない企画が放送されている。

でも、テレビがおもしろいといわれていた以前は、テレビでもこんな企画をやっていたのではないか。

数年前、とんねるずが「ただただくだらないことを3時間半やり続ける」と宣伝していた番組が放送されていたけど、テレビって、もともと、くだらないことを真剣にやっていたんじゃないかな。
いろんな理由により、くだらないことを真剣にできなくなってしまったのかな。

自分は、皆がおもしろいというものを感じるとるセンスがないので、おもしろい、おもしろくないは正直わからない。
でも、くだらないことを真剣にやることは大事だというのはわかる。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサード リンク

カテゴリー

スポンサード リンク