いろんなものはつながっている

Youtubeに広告を出しても効果はあるのか?

自分の行動だけを基準に考えてはいけないが、youtuberがなぜにこんなに注目を集めるのかわからない。

youtubeを見るのって結構時間を使うから忙しい人はあまり見ないのではないか。
見たいものがまとまっているわけではない、動画の品質もまちまちな、玉石混合状態だから、満足する動画にたどり着くつくのに時間がかかる場合が多い。また目的の動画にたどりつくことはなく徒労におわることもしばしばある。

結局のところ、youtuberは「ウェブはバカと暇人のもの」の一例なのではないか。
暇をもてあましている人がタダで時間をつぶせるからビューを稼げているのではないかな。

だから小学生の間でyoutuberが盛り上がるのもわかる。多くの小学生は暇をもてあましている。

youtuberの視聴者の多くが小学生ということになると、はたして広告をうつことに効果はあるだろうか。
なにせ小学生には購買力はない。また、親が一緒にみていれば、親がその広告を目にすることはあるが、おそらく多くの小学生は子どもだけで見ている。だとすると、広告はお財布をもっているひとには届かない。

購買力のある人は、youtubeをみるのではなく、Amazon Primeをみると思うんだよね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサード リンク

カテゴリー

スポンサード リンク