いろんなものはつながっている

インターネット接続の共有でネットに接続する。

スタンドアローンのかつ無線機能のついていないPCをインターネットにつなげたい場合がある。

そのような場合、ネットワークにつながったノートPCを介してネットワークにつなげる。

まず、ネットワークにつなげたいPCとノートPCをLANケーブルで接続する。

ネットワークにつなげたいPCのネットワーク接続のプロパティでは、「IPアドレスを自動的に取得する」にしておく。
(インターネット接続の共有機能を有効にするとDCHPでIPアドレスがふられるため)

ノートPCでインターネットに接続しているアダプターのプロパティで、インターネット接続の共有を有効にする。(参照)

以上でネットワークにつなげたいPCからインターネットに接続できるようになる。

ノートPCにウィルス対策がインストールされている場合は接続できない場合がある。その場合は、一旦、ウィルス対策ソフトを無効にしてやる必要がある。

インターネット接続の共有

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサード リンク

カテゴリー

スポンサード リンク