いろんなものはつながっている

家での無線LANの速度が遅い。無線ルータのIPのネットワークをあわせたら改善した。

よくある話であるが家の無線LANが遅い。

急につながらなくなったり、ものすごく遅くなったりと、とても不安定。

いままでも、いろいろ調べて対処してきたが、どうも改善しない。

今日、あらためて調べてみて、これかなと思い対処したところ、劇的に改善した。

家の環境は、
・auひかりを利用していてAtermというWifiルータが壁口のモジュラージャックに接続されている。
・無線LANのサービスには加入していないので、Buffaloの無線LANルータを、auひかりのルータ(Aterm)に接続している。
・Buffaloの無線LANルータは、ルータとしてではなくAP(アクセスポイント)として使用する設定にしている。
・家のPCやiPhoneはできる限り静的IPを割り当てている。

ふと、Buffaloの無線LANルータの背面をみてみると、無線LANルータをAPとして使用すると、無線LANルータのIPは192.168.11.100になると書いてある。

しかし、auひかりのルータから割り当てられるIPアドレスのネットワークは192.168.0.0/24。

ここに差異があってもいいのかなと思い、Buffaloの無線LANルータのIPアドレスを192.168.0.XXXに変更したところ、通信状態が劇的に改善した。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサード リンク

カテゴリー

スポンサード リンク