いろんなものはつながっている

結局は、現金、現金、現金

アカウンティングの講義をうけた。

これまで財務諸表の読み方などの本を何冊もよんできたので、いきなりアカウンティングの講義をうけたが、講義自体にはついていけた。

倒産とは結局、現金がなくなること

株を買うため、どの会社が今後伸びていきそうか、という視点ではなく、その会社と取引をしてもいいかという視点で財務諸表をみるのであれば、その会社が近い将来、倒産する可能性があるか否かを判断したいということなる。

会社が倒産するとはどういうことか、それは支払いができなくなるということ。

支払いができなくなるとは、支払うべき時に現金がないこと。

したがって、その会社が近い将来、倒産する可能性あるか否かを判断するためには、BS、PL、CFから、将来、現金がなくなり支払いができなくなる可能性を判断する必要がある。

定常的に現金をつくれているか

支払うためには現金が必要なので、まずは、そもそも現金を作ることできているか?が基本となる。それも、突発的な要因で現金をえることができているのではなく、ちゃんと、日々の活動によって定常的に現金を得ることができているを確認する必要がある。

まずは、営業利益がでているかをまずは確認する。しかし、基本、信用取引なので売り上げが上がっているからといって、営業利益の分だけ現金がすぐにはいってくるわけではない。そのため、キャッシュフロー計算書の営業キャッシュフローを確認する。ここで、営業活動で現金を確保できているが、確認できる。

営業利益がプラスなのに、営業キャッシュフローがマイナスである場合はその原因を確認する。

自転車操業になっていないか

現金が確保できているのが確認できたら、次は、その現金を適切に使えているか、自転車操業になっていないかを見てみる。

自転車操業とは、お金は入ってくるけど、貯めることなく支払いにまわさないといけない状態と考える。支払いは誰にする必要があるか。それは、ざっくりいって、お金を借りた相手、ものを買った相手、あとは国といえる。

お金を借りた相手に、今年中に返さないといけないお金を、現金でまかなえているか、それは重要。その指標が、流動負債で流動資産でわった流動比率や、当座比率となる。

直近に返さないといけないお金が手元にないとなると、なんとかしてお金を工面しなくてはいけない。なので、どのようにして工面しているかを確認する必要がある。

ものを買った相手に、お金を支払うことができているかは、ものを売って得たお金を、ものを買った相手にしはらえば、こと足りるはずである。しかしながら、時系列で考えると、売ったことによって得るお金を受け取る前に、仕入れの支払いをしないといけない。

では、そのタイムラグはどれくらいかをみるのに、棚卸回転率+売掛債権回転率と仕入債務回転率を比較する。仕入債務回転率のが小さい場合、その分、あらかじめ現金を用意してそれで支払いをする必要がある。

倒産していないということは、今のところ現金を払えているわけであるが、その現金をどこから調達しているかをみることで、会社の状態を把握することができる。

一つの方法として、資金運用表を作成する。そうすることで、どこから現金を調達しているか、どこで現金を使っているか、が見えてくる。
例えば、売掛債権が増えて現金が減ってしまっているのを、固定資産の減少(売却)でまかなっている、というのが見えてくる。

以上にようにして会社の倒産の可能性を探る。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサード リンク

カテゴリー

スポンサード リンク