いろんなものはつながっている

MACアドレスからこんなことまでわかってしまうんだ

先日、無線LANの設定でAOSSやらマルチSSIDを調べていたら、AOSS、マルチSSIDは危険ですといったエントリーを多くみつけた。その多くが、MACアドレスから位置情報がわかってしまうというもの。

Googleのストリートビューの車が無線LANルータのMACアドレスまでひろってMACアドレスと位置をひもづけたり、近年ではAndroidのスマートフォンが、自分が接続した無線LANルータのMACアドレスとその位置をひもづけてバンバンGoogleのサーバに送っているようだ。

自分の家の無線LANルータがすでに登録されているか調べるためここを参考にMS-DOSのコマンドを作成してみた。

@ECHO OFF

curl.exe http://www.google.com/loc/json -H "Pragma: no-cache" -H ^
"Cache-control: no-cache" -d "{ \"version\": \"1.1.0\",^
 \"host\":\"maps.google.com\", \"request_address\": true,^
 \"address_language\":\"ja_JP\", \"wifi_towers\": [ {^
 \"mac_address\": \"%1\",\"signal_strength\": 8, \"age\": 0 },^
{ \"mac_address\": \"%2\", \"signal_strength\": 8, \"age\": 0 }^
  ] }"

※MS-DOSからcurlを使えるようにするためにインストールした。

ためしに、先のエントリーにのっているFONのMACアドレスを2つ指定すると

xxx.bat 00-18-84-20-E6-38 00-18-84-20-E6-39 > result.txt

result.txtには、

{"location":^
	{"latitude":35.723443,"longitude":139.7112835,"^
		address":{"country":"日本","country_code":"JP","region":"東京都",^
"city":"豊島区","street":"2丁目","street_number":"12"},^
	"accuracy":73.0},^
"access_token":"xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx"}"^

と出力され、結果は先のエントリーにしめされているものと同じになる。

自宅の無線LANのMACアドレスでも試してみたところ、市内の駅の位置がかえってきた。これは、問い合わせ元のIPアドレスからわりだしたものだろう。でたらめなMACアドレスを入力した場合も同様の結果だった。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサード リンク

カテゴリー

スポンサード リンク