いろんなものはつながっている

PCIなんちゃら

PCIなんちゃらの違いを知るため、ここを参考に調べてみた。

関係性としてはざっくりいうとこう。
・歴史的にはPCI→PCI X→PCI Expressの順番。(参考図)
・PCI-XはPCIベース
・PCI ExpressはPCIとは構造が異なる

それぞれの特徴をみると
PCI,PCI-X:
パラレル
半二重
バスは共有
バスクロック
 PCI 33MHz – 66MHz
 PCI-X 133MHz
基本バス幅
 PCI 32bit
 PCI-X 64bit
転送速度
 PCI    133MB/s(32bit/33MHz) ~ 533MB/s(64bit/66MHz)
 PCI-X   1GB/s(64bit/133MHz) ~ 4GB/s(64bit/133MHz)仕様が2.0に拡張されて1クロックあたり2~4回のデータ転送が可能になった。(DDR/QDR化)
実効値はその半分

PCI-Express:
シリアル
全二重
バスは独立
バスクロック
 Embedded Clockによるシリアル
 ディフェレンシャル
転送速度
 片方向250MB/s 双方向あわせて500MB/s

バス型の比較
PCI1

バス幅の比較
PCI2

Wikipediaを参考にPCI→PCI-X→PCI Expressの遷移の流れをみてみると、、、

パーソナルコンピュータのPCIはバスは32ビット33MHz(133MB/s)だった。
だが、HDやLANの速度があがりPCIバスがアップアップになってきた。
PCIバスの高速化をがんばらないと。。

PCIバスのようなパラレルインターフェースで、データ転送速度をあげるには主に
以下のアプローチがあるがそれぞれ問題もある。
・バス幅を広くする → 配線数が増える
・高クロック化 → 同期をとるのが難しくなる
この方向性で拡張した規格がPCI-X。ただ、PCI-Xは高コスト化でパーソナルコンピュータには普及しなかった。

シリアルインターフェースは(1本の信号と基準線でデータ転送を行う)は昔からあったが
パリティビットぐらいしかエラー訂正ができないので使いづらかった.
でも、パラレルデータにクロックを埋め込んでシリアルデータ化する技術が開発(8b/10b)され、シリアル通信を複数たばねるという方向でデータ転送速度をあげる方向へ。これがPCI Express (x1, x4 …)かな。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサード リンク

カテゴリー

スポンサード リンク