いろんなものはつながっている

繰り延べ税金資産ってひどくないかい?

今朝の通勤電車で、前の人が見ていた新聞に「繰り延べ税金資産」という単語があるのをみた。

この用語、よく新聞記事やニュースで聞くけど、わかっておらず、この機会にと通勤中、いくつかのサイトでちょっと調べてみた。
「繰り延べ税金資産」を理解すれば後は簡単
「会計の崖」から落ちたシャープ
繰延税金資産の資産性 |銀行員が知っておきたい会計話

ぜんぜん自分のイメージとは違った。

財務ルールと税務ルールのギャップとかそういった話が書いてあるが、なんというか、企業になにか得はあるのか、これは。とれらたものをせいぜい取り返すのが関の山で、企業が得することはないんじゃないか?どうなんだろう。

とりあえず、コストとしてみとめない。なので、利益からコスト分ひいちゃだめ。コスト引く前の利益に税率かけるよ、、と。でも、将来、それがコストになったとき、以前払ったコスト分に対応する税金とちゃらにしてもいい。ただし、そのとき利益があがっていて税金を払えるのであれば、その税金から引いてあげるだけだからね。コストになったからって、決して前にはらった税金をお金で返してあげるわけじゃないよ。ってことだよね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサード リンク

カテゴリー

スポンサード リンク