いろんなものはつながっている

ファブリーズの威力はすごい!

本はだいたいAmazonの中古で買う。特に技術書なんかは定価は高いが、だいたい中古で安くうっていることが多いから、重宝している。中古でも気にしない。ブックオフも大好きだし。

が、しかし、先日、ひどい目にあった。

買った本が強烈にタバコくさい。ちょっとにおうという程度ではなく、本ではなく灰皿をもっているのではないかと思うぐらい本からタバコ臭がする。

こりゃまいったと思って思わず香水をかけてしまった(これは後になってみると痛恨のミスだった)。しかし、タバコの匂いと香水がケンカしたような強烈な臭いがしてまったくもって逆効果だった。

ネット調べてみると同じよなことに悩むひともいて対策がいろいろ書いてあった。その中に「ファブリーズをかけて箱や袋のなかにいれて2,3日ほっておく」という方法があり、ダメも元でやってみた。

それが効果あり。書いてあるとおり適当にファブリーズをかけてゴミ袋にいれて2,3日ほっておいたら、タバコのにおいはすっかり消えていた。いやーびっくり。

が、しかし、最初に思わずかけてしまった香水の香りはまったくとれていない。なので、本を開くと強い香水の香りがする。電車のなかで本を開こうにも、香水つけすぎ!ってぐらいの香りがするもんだからうかつに本を開けない

仕方ないので、日干しにしたり、またファブリーズをかけたりして、香りをおさえる努力をし、なんとか人前で本を開いても、それほどには匂わない程度にはなった(それでもまだ匂う)。

今回の一件で、仮に今度Amazonでかった本がタバコくさくてもこれでもうあたふたすることはなくなった。でもなるべくならきれいな本が届いてほしいものである。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサード リンク

カテゴリー

スポンサード リンク