いろんなものはつながっている

コマンドプロンプトが起動できない

先日、会社であるソフトをインストールしたら今まで起動できたソフトが起動できなくなった。

動かなくったソフトのエラーをみているとどうもコマンドプロンプトが立ち上がらないことが原因であることがわかった。もちろんシステムの環境変数、”Path”にcmd.exeへのパスであるC:\Windows\System32は%SystemRoot%\system32として設定されている。

ためしに、C:\Windows\System32とべた書きにしてみると、動いた。どうも環境変数%SystemRoot%を展開できていないようだ。

調べてみると、ここに理由が説明してあった。レジストリのデータ型に”REG_EXPAND_SZ”と”REG_SZ”があるのか。”REG_EXPAND_SZ”だとその名の通り環境変数を展開してくれるが、”REG_SZ”は展開してくれない。

しかし、なぜに原因となったインストーラはこんなことをしてしまったのだろうか。おそらく環境変数Pathにパスを追加する際に、データ型を変えてしまったんだろうが、InstallShieldでは環境変数を追加する際に気をつけないとこういうことが起きてしまうのだろうか。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサード リンク

カテゴリー

スポンサード リンク