いろんなものはつながっている

バックモニタ 安全面でこの仕様はよいのか

バックモニタ1車についているバックモニタ。自分が車の免許をとるときにはそんなものはなく、車庫入れも縦列駐車もバックミラーとサイドミラーを頼りに行ったが、今どきの教習所では「うちの車はバックモニタがついているからこんな車では車庫入れできません」などという教習生がいてもおかしくないと思ってしまう。自分が免許をとった時分より、ワゴンタイプのようなバックミラーで後ろを確認することが難しいタイプの車が増えたこともバックモニタの普及を後押ししているような気がする。ワゴンタイプではないがプリウスだって風の抵抗を少なくするためなのかとてつもなく後ろが見にくい。

自分の家の車にもバックモニタがついており常々気になることがある。ギアをバックにいれるとカーナビがバックモニタに切り替わるのであるが、モニタに車の後方の様子が映る前に車をバックできてしまうのである。バックモニタが標準装備でない以上この仕様は仕方ないことかもしれないがかなり危険であると思う。もちろんバックするときはバックモニタに頼らず直接確認する旨の注意書きが節々で出るが、バックモニタに慣れてしまうとバックモニタしか見なくなるのも自然なことである。

バックモニタだけに頼ることを防ぐためにバックモニタとバックが連動してないのだろうか。バックモニタに後方の様子が映ったのちにバックできるようになったら、ドライバは後方を直接確認せずバックモニタに映っているものだけで状況を判断して車をバックさせることになりそうだ。いや、それでもバックモニタに後方の様子が映ったのちに車が動くという仕様にしてもらったほうが安全のような気がする。

もしかしたらディーラに頼めばバックするときはバックモニタに後方の様子が映ってからバックできるようにするというように変更できるかもしれない。今度ディーラに行ったときに聞いてみよう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサード リンク

カテゴリー

スポンサード リンク