いろんなものはつながっている

鯛が手に入ったので鯛ごはんを炊いてみた

鯛1

港の漁師から手にいれたわけではないがたまたま鯛が手に入ったのは同じなので、鯛ごはんを炊いてみた。村上レシピにのっていて昔からつくってみたくて付箋でしるしをつけていたのだが、ようやくその機会をえることができた。

お米をあらって30分間水にひたしのち、酒、水を加え昆布をのせる。15分ほどおいた後、塩を加えてひとまぜして鯛をのせる。圧力鍋で炊くこと10分、火を止めてからもう10分。水を多くいれすぎたのか、ごはんがやらかくなってしまった。でも味はよく鯛ってのはなかなかおいしいものだと思い出した。

鯛2鯛というと、おめでたい場での仕出し弁当や食事でしか食べる機会がなかなかなかった。そういった場合はあらかじめ作っておいたものをざっと並べてだしましたという感じであることが多く、鯛がおいしいという印象はあまりなかった。でもタイミングよく食べればやっぱりおいしいものだ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサード リンク

カテゴリー

スポンサード リンク