いろんなものはつながっている

特許戦略いかに

シャオミ、日本家電を丸パクリ??という記事をみて特許の役割とはなんだろうと考えてしまった。

考えてみるとメーカーに勤めているものの収益に直結する特許をあみだしたことも関わったこともない。だからどうやって守るかだの、真似されたから訴えるだの、実感がまるでない。

真似されたと思ったとき、会社の命運を握る特許であれば徹底抗戦するのが筋だけど、そう簡単ではないのは容易に想像つく。

まず特許侵害を証明するのに時間がかかるからそんなことしてたら争っている技術自体が時代遅れになって結局、特許侵害を争った技術で十分に収益を確保できずに終わってしまう可能性もある。加えて裁判の費用もかかる。よほどの大企業出ない限りかなりの負担になる場合が多いと思う。

もう、完成品をみて真似できてしまうものは真似たもの勝ちの世界になってしまうのかな。とにかく安く早くつくって既成事実をつくってしまったものの勝ちという世界になってしまうのか。

そうなると、訴訟費用の負担や訴訟を起こすことによる悪影響に耐えられる大企業でない限り特許申請は実質意味のないものなる。

では、そうでない企業はどう自分の技術を守ったらいいのか。

製品をみてすぐには真似できない特許であれば取得する意味があるだろうか?たとえば製品の作り方。いや、それこそ特許によって製品の作り方を公表してしまったら真似され放題だ。しかも、製品を真似されるより特許侵害を証明しにくい。でも、特許を取得しておかないと仮にほかの会社が同様の作り方を自分たちよりあとに開発したとしても、その会社が特許を取得したらこちらが訴えられる危険にさらされることになる。

そんなことを考えているとき製造業の中小企業を対象にした特許戦略について書かれたこの本を見つけた。

この本によると、

  • 特許は取得しただけだは意味がない。利益につなげて初めて意味がある。
  • ただ、特許をお金にかえるには自社で該当製品を作れ、かつ、自社で該当製品の販路をもっていないと難しい。
  • そのため特許取得は仕事を受注先(多くは大企業)の浮気防止策として使うことを考える。
  • とはいっても立場が弱いので、特許を無断で真似されたりすることもありなかなか厳しい。
  • 製品製造のノウハウなど製品からはわかりにくい技術は特許化せずに自社内で秘密にしておこうとしてもそうそう隠し通せるものではない

したがって、著者は中小企業の弱い立場も理解しつつも、優位性のある技術は特許を取得しておいたほうがよいとすすめている。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサード リンク

カテゴリー

スポンサード リンク