いろんなものはつながっている

ペンで紙に書く感触がすき

自分はけっこう手書きが好きだ。何かを考えなければいけない場合、ペンをもって手を動かしたほうが思考を整理しやすい。特に図を自由に描けることが大きい。便利とかそういった理屈ではなく単純にペンで紙に書く感触がすきなんだと思う。

文字だけならキーボードで入力したほうが早いし整理もしやすい。でも、図や数式に関してはキーボードやマウスを使った入力は不自然さを感じてしまう。できれば自分の手で描きたい。手で描いたものは電子化して保存したりPC上で利用したい。

iPad上に書いてみる

そこで、これまでいくつかの方法を試してみた。まずは、中島氏が開発したneu.Notes+。これはとても使いやすい。UIは直感的だし、iPad上であればキャンパスの広さも十分だ。図を描くには十分だが文字を書くのはiPadのタッチパッドの性能の限界なのかスタイラスをいくつか試してみたが紙とペンのようにはいかない。

冗長化_VRRP

紙とペンとiPhone

次に試したのが、メモ帳にペンで書いてiPhoneで写真をとるというもの。まずはKINGJIMのSHOT NOTEを試してみた。使った感じはサイトで説明されているとおりだったが専用ノートを使う必要があるのがネックでやめた。最終的には、普通のメモ帳にフリクションボールで書いて、それをJotNot Scannerで写真をとって自動台形補正をする方法に落ち着いた。フリクションボールを使ったのは後で修正できるようにするため。JotNot Scannerもとても使いやすい、ただ、使っているペンが悪いのか光の加減なのか線がかすれることがしばしばある。
セグメント1

結局ホワイトボードに(いまココ)

主に上記2つをしらばらく使っていたが、現在は100円均一で買ってきた小さめのホワイトボードに書いて写真をとることに落ち着いている。手軽に図も文字も書けてiPhoneで写真をとっても線がかすれることない。いまのところはこれでやっている。

Lagrange5

今後もいろいろ試していきたい。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサード リンク

カテゴリー

スポンサード リンク