いろんなものはつながっている

カテゴリー:よんだ本

正規分布の形は等しいと無理やり解釈するのが回帰分析のルールなのよ!

IMG_0780

「マンガでわかる統計学」を人に薦められて手にとってみた。 本自体は本屋で見かけて前から知っていたが、これまで読んだことはなかった。 本屋でぱらぱらとみると、薦められたとおり、マンガとはいえなかなか細かく解説してありわかりやすい。 …

詳細を見る

情報の精査は自分でしろ

medialiteracy

長谷川豊氏の「テレビの裏側がとにかく分かる。メディアリテラシーの教科書」を読んだ。 何かのトピックがきっかけで長谷川氏のBLOGOSの記事を読んで、それから氏のブログを読むようになった。ロジカルな話の展開や反対意見とも対話をする姿勢は…

詳細を見る

文章力の基本

bunshoryou_1

自分の伝えたいことを文章にするとなんだか冗長でわかりにくくなってしまうことにずっと悩んでいる。 時間をかけたにもかかわらず、文章や文脈がごちゃごちゃして余計にわかりにくくなっている場合が多々ある。 仕事では自分の意思や相手にやっ…

詳細を見る

コードは理解しやすくなければいけない

リーダブルコード

以前から読もうと思っていたリーダブルコードを読んだ。訳者まえがきにあるように、本書は面白い。アマゾンなどのレビューに、目新しいことはない、といった内容が書かれているがそんなの関係ない。本書は確かに面白い。 コードは理解しやすくなければ…

詳細を見る

旨いのか不味いのかよくわからない

最近、通勤電車で小説やエッセイを読んでいる。できれば技術書を読んで知識を深めたいのだがそれを読みたいんだから仕方ない。 今日は本棚の整理をしていたときにでてきた「あの空の下で」を読んだ。これはANAの機内誌、翼の王国に連載されているも…

詳細を見る

政治家の殺し方

baybriadge

前横浜市長の中田氏の本。こんな割に合わない仕事を心身けずってやってくれているなんて、本当に頭のさがるおもいだ。もっと評価されていいと思う。 市長を市民の選挙で選ぶという仕組みはいい。議会の代表者が市長になってしまうと議員は同志となり大…

詳細を見る

科学する麻雀

麻雀1

大学の部活の同期と同期の結婚式で再会。まったく連絡をとってなかったわけではないが、なんだかんだいって会うのは2年近くぶりになる。大学のとき御多分に洩れず麻雀をやってた。でも、自分はそんなにのめり込まなかった。なんか、飽きてしまうんだよね。 …

詳細を見る

おべんとうをのぞけば人生が見えてくる

ANAの機内誌「翼の王国」が好きで飛行機を乗るときは毎回楽しみにしている。そのなかでも特に「おべんとうの時間」というお弁当を紹介するエッセイを楽しみにしている。 一般の人々のお弁当を紹介している、といってしまうと、それだけ?と思われる…

詳細を見る

地方消滅

2015.01.28

1件

地方消滅1

高度経済成長期の人口増加から現在の人口減少にいたる過程と、人口減少により具体的に現在どんな人口変動が起きており、今後どんなことが起こるかを説明している。 人口減少の原因のひとつとして 地方の若者男女が仕事を求めて都心へ移動。 …

詳細を見る

嫌われる勇気

昨年、嫌われる勇気を読んで思ったこと。 誰かの期待を満たすために生きてはならない 他人を評価する必要はない この二つのことがすんなり自分の中に入ってきた。一つ目はとくに家の中のこと、二つ目はとくに家の外でのこと…

詳細を見る

スポンサード リンク

カテゴリー

スポンサード リンク