いろんなものはつながっている

カテゴリー:よんだ本

時間の分子生物学

時間の分子生物学1

イケダハヤト氏のブログでこの本を知り、おもしろそうと思い読んでみた。 前半は、生物が持っている時計(生物時計とよんでいる)の仕組みと、仕組みが解明されていく過程の説明があり、後半は分子生物学的な立場からの睡眠の話となっている。 …

詳細を見る

ディズニーランド物語

ディズニーランド物語1

ウォルト・ディズニーがディズニー社をどのように興し、現在のディズニーがどのように築かれていったかのお話。 この本の見どころはなんといっても東京ディズニーランド開園までの経緯。 ディズニーランドと同じものを日本に造ってもいいよ …

詳細を見る

リクルート事件・江副浩正の真実

リクルート事件1

自分はリクルート事件を誤解していたのではないか。 まえがきでも書かれていたがこの本は江副氏の側からのみの主張なので完全には客観的ではない。しかし、それを差し引いても一般的なイメージと事実にはかなり乖離があるのではないか。 検察は…

詳細を見る

現代語訳 論語と算盤

渋沢栄一が資本主義の中でビジネスを行うえでの心得を示した「論語と算盤」の現代語訳本。 自分が渋沢栄一の名前を初めて知ったのは、井の頭線が吉祥寺でとまってるのは環状線をつくろうとおもったら渋沢栄一が死んでしまって計画終了になってしまった…

詳細を見る

物理数学の直感的方法

直感1

この本を何回よんだことか。読んだときはなるほど!と思ってこれでよくわかったと思うのだが、しばらくたつとすっかり忘れてしまっている。自分の頭の悪さがつくづく嫌になる。今、この本を手にとって読んでみるとまた同じく、なるほど!これでわかったと思う…

詳細を見る

江川の自叙伝。なぜもっと有名になっていないんだろう

江川の自叙伝。空白の1日のことや巨人に入ってからの苦悩についてけっこう赤裸々に語られている。 この本の内容がなぜもっと有名になっていないんだろう。 自分の希望する球団で純粋に野球がやりたいだけなのに、なぜここまでたたかれないとい…

詳細を見る

ネットワークの勉強をしてみたいと思うようになった

ネスペ決意1

今から半年ほど前にネットワークの勉強をしようと思い立った。 勉強した成果というか証を残すためネットワークスペシャリスト試験を受けようと考え、当面それを目標に勉強を進めた。ただ、受かればそれがひとつの証となるからいいのであるが、落ちたと…

詳細を見る

アマゾンドットコムの光と影

アマゾン光と影

アマゾンが日本での存在感を増してきた2005年に書かれた本。当時、発売されてすぐに読んだ。 この本は著者がアマゾンの倉庫で働いた潜入ルポで、多くの人が便利だと思い使っているサービスの裏側では自尊心を奪われた人が要求にこたえるため広い倉…

詳細を見る

誰かさんはそれをうまそうに飲みやがった

漫画家って、映画やテレビドラマでいうと、脚本、撮影、キャスティング等々全部ひとりでやっているわけだからほんとにすごい職業だなと思う。 浦沢直樹のモンスターで一番印象に残っている場面は、ニナが銃の扱いを元殺し屋がある人突然人が撃てなくな…

詳細を見る

調べる技術・書く技術

どうも自分は文章を書くのが苦手で少しでもわかりやすい文章を書く手助けになればと思ってこの本を手にとった。 読んでみると文章の書き方というより、ジャーナリストの心得といった内容であったと思う。 テーマを決める 何か書きたいと思い…

詳細を見る

スポンサード リンク

カテゴリー

スポンサード リンク