いろんなものはつながっている

カテゴリー:異論反論

頭のなかにぼやっと浮かぶものを手を動かして書いてみるのは役に立つ

IMG_1358

こんな記事を見つけた。 「問題文を読んでもそこに何が書かれているのかわからない」子を教えていた時のお話 家庭教師をしていて、、というくだりは自分も経験があり共感する。 そういうことだったのか。 勉強をするうえで何が一…

詳細を見る

いろんな人が後づけで解説している

IMG_1357

トランプ氏が大統領になりいろんな人がいろんな解説をしている。 解説するのが生業のような人の多くにとって、今回の結果は予想外であったわけなので、後づけでいろいろ言い訳めいた解説をしているようにも思えるのだが、そのなかで、特に、次の2点は…

詳細を見る

平尾みたさに大学受験がんばったようなものだった。

nagoyastataiko

びっくりした。ヤフーニュースのトップで平尾氏の死を知った。若すぎる。 何がきっかけだったか忘れたが、中学生ぐらいからラグビーに興味を持ち、神戸製鋼対三洋の試合を食い入るように見ていた。 大学生になり東京にでて、すぐに秩父宮にラグ…

詳細を見る

これ提案した人すごいなあ

東急電鉄、駅の混雑情報を伝える「構内カメラ画像配信サービス」開始 駅の構内の様子をリアルタイムで配信して駅の混雑具合を利用者が視覚的に確認できるサービスだそうな。 そのまま構内を映してしまってはプライバシーの問題があるのでそれは…

詳細を見る

認識率向上へのアプローチは解像度の向上?

taketomi

How a Japanese cucumber farmer is using deep learning and TensorFlow GoogleのオープンソースであるTensorFlowを用いてきゅうりの仕分けの自動化に取り組ん…

詳細を見る

カネに還元できるもの、できないものの峻別を公平に行う

img_1023

冷泉氏のレポート(二十一世紀の先進国において有効な対立軸はあるのか?)から。 ここ最近、日本の選挙でもアメリカの選挙でも、各党の主張に大きな違いがないよな、と感じていた。選挙に勝つために票が必要だからどの政党も大衆に受けのいい中道の政…

詳細を見る

打席に多く立つしかない

nahaair

成功している人は表現は違うにしろ同じことをいっている。 やる前から成功の道筋がみえるようなことはない。答えがわかったら始めようなんてことはない。ひたすら方法を考えてとにかくやってみる。そうやって打席に多く立つしかない。そうすることでた…

詳細を見る

やっぱり体力がものをいう

sakurajima1

気力がない人は例外なく「体力」が足りない 若いときから思っていたが、とにもかくにも、何をするにでも「体力」。「体力」がある人はひとよりたくさん練習できるし勉強もできる。 ここでいう体力は、何日も徹夜できるとかいったものではなく、…

詳細を見る

カーシェアリングはすぐには普及しない

カーシェアリングの実現には公道での自動運転の確立が必須だと考える。 その理由は、 ・誰が車をもってきてくれるの?  車が必要なとき、誰が車を届けてくれるのか。  車を取りに行く必要があるのなら今のレンタカーとかわらない。 …

詳細を見る

IoTという言葉はいつまで残っているだろうか。

yagi1

「データの見えざる手」の著者の矢野氏がこんなことをいっていた。 このデータを集めて、AIで解析して、何かの制御にフィードバックするというループは、この10年何度となく注目され、名前を付けられ、そして実現しなかった(今はこれがIoTと呼…

詳細を見る

スポンサード リンク

カテゴリー

スポンサード リンク