いろんなものはつながっている

カテゴリー:ひとり大学

Visual Studio 2017でデバッグできない。

IMG_1321

Windows7sp1(x86)のマシンにVisual Studio 2017をインストールし、C++のプロジェクトを作成したところ、ビルドは通るけどデバッグしようとすると デバッガーは正しくインストールされていません。セットアップを…

詳細を見る

自由度がn-1だからn-1でわるって、

fuhenbunsan

統計の授業で必ずでてくる、 そのつど、自由度がn-1だからnではなくn-1でわるって、説明をうけた。 まあ、よくわからんかった。 このあたりのことがこのサイトにわかりやすくまとめられていた。 n-1でわること…

詳細を見る

Graceful Shutdown

ソケットのクローズの動作の説明を調べていたところ、ここの説明がわかりやすかった。 お互い、FINとACKを送りあうわけだが、最初にクローズした(アクティブクローズ)側は、最後に送ったACKが相手に届いたか確認しようがないので、すでにネ…

詳細を見る

この2つのグループって同じといえるの?

2標本検定z

2つのデータセットがありそれらは同じものであるかを判定したい事例は多々ある。例えば、 ・この薬はこの症状の患者に効果があるか? ・この会社では理系or文系で出世に差があるか? ・母親が働いているor働いていないは子供の成績に影響するか…

詳細を見る

t検定?z検定?

サンプリング

t検定にももう何度も遭遇してるが、いつまでたってもあやふやなままだ。そもそも、教科書で検定の章の最初にでてくる正規分布とを用いた検定と何がちがうんだ、とかいろいろ考えていたら余計にこんがらがってわからなくなってきた。 仮説検定に最初に…

詳細を見る

正規分布の形は等しいと無理やり解釈するのが回帰分析のルールなのよ!

IMG_0780

「マンガでわかる統計学」を人に薦められて手にとってみた。 本自体は本屋で見かけて前から知っていたが、これまで読んだことはなかった。 本屋でぱらぱらとみると、薦められたとおり、マンガとはいえなかなか細かく解説してありわかりやすい。 …

詳細を見る

ランダムな現象の発生間隔は指数分布

sisuubunpu

ランダムな現象は、 「発生回数でみるとポアソン分布,発生間隔でみると指数分布」 とあるので、今度は、発生間隔でみて、指数分布になることを導いてみる。 ポアソン分布の導出で参考にしたここの説明によると t秒後に初めて事象が発生…

詳細を見る

ネイピア数を導いてみる

neipia

二項分布からポアソン分布を導いていたときに、ふと指数関数の定義の導出が物理数学の直感的方法にのっていたことを思いだした。 手元に本がなかったので、どうだったかなと思いつつ、導いてみたのが以下。 …

詳細を見る

観測したデータがポアソン分布にしたがっているか知りたかった

IMG_0219

観測したデータがポアソン分布に従っているか知りたくて、カイ二乗検定というものにたどりついた。 自分が知りたかった 観測されたデータの分布が、理論値の分布とほぼ同じと見なせるか? は適合度の検定というものの範疇だった。 …

詳細を見る

もう一度、ポアソン分布

ポアソン1

ポアソン分布、何度よんでも計算しても忘れてしまう。 やっぱり、まだまだ腹に落ちていないんだろう。 ランダムに発生する事象を表現する分布というのはなんとなく覚えているが、その事実からあの式のたどりつくことができない。 もう一…

詳細を見る

スポンサード リンク

カテゴリー

スポンサード リンク