いろんなものはつながっている

カテゴリー:ひとり大学

正規分布の形は等しいと無理やり解釈するのが回帰分析のルールなのよ!

IMG_0780

「マンガでわかる統計学」を人に薦められて手にとってみた。 本自体は本屋で見かけて前から知っていたが、これまで読んだことはなかった。 本屋でぱらぱらとみると、薦められたとおり、マンガとはいえなかなか細かく解説してありわかりやすい。 …

詳細を見る

ランダムな現象の発生間隔は指数分布

sisuubunpu

ランダムな現象は、 「発生回数でみるとポアソン分布,発生間隔でみると指数分布」 とあるので、今度は、発生間隔でみて、指数分布になることを導いてみる。 ポアソン分布の導出で参考にしたここの説明によると t秒後に初めて事象が発生…

詳細を見る

ネイピア数を導いてみる

neipia

二項分布からポアソン分布を導いていたときに、ふと指数関数の定義の導出が物理数学の直感的方法にのっていたことを思いだした。 手元に本がなかったので、どうだったかなと思いつつ、導いてみたのが以下。 …

詳細を見る

観測したデータがポアソン分布にしたがっているか知りたかった

IMG_0219

観測したデータがポアソン分布に従っているか知りたくて、カイ二乗検定というものにたどりついた。 自分が知りたかった 観測されたデータの分布が、理論値の分布とほぼ同じと見なせるか? は適合度の検定というものの範疇だった。 …

詳細を見る

もう一度、ポアソン分布

ポアソン1

ポアソン分布、何度よんでも計算しても忘れてしまう。 やっぱり、まだまだ腹に落ちていないんだろう。 ランダムに発生する事象を表現する分布というのはなんとなく覚えているが、その事実からあの式のたどりつくことができない。 もう一…

詳細を見る

OpenCVの環境を整える

yachimun1

数ある画像からある特定のパターンを検出したいと思い調べたところ、自分がやりたいのは、「テンプレートマッチング」であることを知った。 顔認識や自動運転の際に人を認識するのもテンプレートマッチングの一種だ。 まずは、Visual S…

詳細を見る

いまさらだけど、Active Directoryの仕組みをちょっとだけよんでみた

IMG_0198

何かをきっかけにたどりついた基礎から分かるActive Directory再入門をざっと読んでみた。 自分が関わったシステムでもADを用いていたが、用意されたものをただ使用していたのみで、ほとんど理解していなかった。 参考ページ…

詳細を見る

オーバラップI/Oとブロッキング/ノンブロッキングの違いは?

IMG_0209

OverlappedI/OとBlockin/NoBlockingの違いはなんだ?と思い検索してみたところ、ばっちりのタイトルがMSのサポートにあった。しかし、両者は”違う”ということは書いてあったが具体的に何が違うかまで書いてなかった。 …

詳細を見る

計測→データ解析→法則性の抽出

Udischart

horiemon.comで知って矢野氏の著書「データの見えざる手: ウエアラブルセンサが明かす人間・組織・社会の法則」を読んでみた。 計測→データ解析→法則性の抽出、という手順で、人間の行動を数値化して法則性を見出している。こういった…

詳細を見る

コードは理解しやすくなければいけない

リーダブルコード

以前から読もうと思っていたリーダブルコードを読んだ。訳者まえがきにあるように、本書は面白い。アマゾンなどのレビューに、目新しいことはない、といった内容が書かれているがそんなの関係ない。本書は確かに面白い。 コードは理解しやすくなければ…

詳細を見る

スポンサード リンク

カテゴリー

スポンサード リンク